2011年07月23日

レーザーに挑戦

6月25日,友人の結婚式で台北へ行った。翌日,市内見物。
龍山寺は激しい雨。駅地下をぶらぶら。お寺の参拝客のためか,手相見や占い屋さんがいっぱい。ふぅ〜ん,いろんな店があるもんだなぁ〜。と,「おネエさん,おネエさん」と声をかけられる。

ふと見ると,そこはエステのマッサージ屋さん風。私の腕をつかんで離さない女性は,私のまぶたの大きいシミを指さし,「レーザー,レーザー」「クロイのサヨナラ〜」と言う。

あ,「レーザー治療」というやつかも。最近やたらデカくなった瞼のシミが気になっていたので,俄然,興味がわいた。やってみよう,だめなら日本で形成外科に行けばいいさ。

2011-06-26-1.jpg

駅地下の雑踏のかたすみで,ビーチベッドに横になり,エピネフリン0.1%を直接,シミ部分にぬられて30分ほど待つ。その間,片言の日本語と英語で,皮膚の構造のイラストやビフォー&アフターの写真を見せられた。「ダイジョブ,ダイジョブ」

そして,治療(?)が始まった。目はガーゼでおおってくれたが,レーザーをパチパチあてるたびに,閃光が。アンギオグラフィさながら,自分の眼球の血管模様が見えたり消えたり。

それにしても,痛い。輪ゴムでパッチンを至近距離から瞼に当てられる痛さ。パチパチからバヂバヂと,だんだん耐えられなくなり「痛〜い!」。「はい,ダイジョブ,ダイジョブねぇ〜」

拳をにぎり,もだえ,ひたすら耐える。通りがかりの人々がのぞきこんでいるのがわかる。まわりから中国語がざわついていた。もはや「恥ずかしい」は通り越し,早く終わってくれー!

15〜20分ほど経って,「はい,オワリ」。なにやらクリームをぬられ,こんどは両こめかみの小さなシミを「サービスね」と処置してくれた。面積が小さいところは,さほど痛くなかった。瞼の上の眉毛もなくなったようで,アイブローで書いてくれた。「キレイ,キレイ」

2011-06-26-3.jpg

4日間はクロイから,毎日このクリームをぬるように。4日過ぎると「ピンク」に。外に出るときは,帽子だけじゃなくて日傘もさすように。

2011-07-08.jpg

治療代は2000台湾ドル(約5500円)。安かった〜,痛かった〜。
「また明日来い」と言われたが,フライトの日なので時間がなくて,というか,痛くされるのがいやで,行かなかった。

2日後,帰国して出社したときには,シミはますます濃くなっていた。私を見る人たちの,何か聞いてはいけないような眼差しに,私も気がついていた。4日たてば,ピンクになるはずなのだが。

3日後の6月29日の夕方,ウェットティシュで瞼をふいていたら,黒くなった皮がスルッと剥げた。

2011-06-29-1.jpg

あらら,剥がれた,剥がれた。取れるところまで取っちゃえ。眉毛のところはまだむけない。
しかし,おー確かに「ピンク」になったではないか!

2011-06-29-3.jpg

そして,毎日,もらったクリームをつけていたら,知らないうちに,こめかみのシミもなくなっていた。約4週間が過ぎたいま,瞼のシミもほとんどわからなくなったと思う。眉毛もボチボチ生えてきた。

2011-07-22.jpg

また台北に行くことがあったら,いや,シミが再発したら,龍山寺の駅地下のお姉さんに会いに行こうと思っている。痛いのを除けば,彼女は名医であった。

ちよちよ旅行社
posted by ウルス at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月21日

土用の丑の日

年中行事を大切にするのがウルスのモットー(?)というわけで、
職場の近くにある「石橋亭」に出前をお願いして、皆で鰻を食べました。

unagi.png

予想以上に量が多くて、女性陣は食べるのに一苦労でしたが、
鰻だけは残さずに食べました!!
(ごはんは残しても鰻は全部食べるように!!という指令が出たため)

お腹はいっぱいでもデザートは別腹なので、
お裾分けのアップルマンゴーも美味しく頂きました。

mango.jpg

来年はゴハンの量が調整できると有難いかな?
(腹十二分目だと午後の仕事に支障が…)

あと、もう少し夏っぽい気候だと暑気払いを実感できるかも?
(今年は「土用の丑の日」に限って寒すぎました)

記事:イナムラ
posted by ウルス at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月23日

Wordから画像を取り出す方法(その2)

2010年10月22日に Wordから画像を取り出す方法(その1)
という記事を書きました。

前回は、Wordの画像をPowerPointにコピー&ペーストして
EMF形式で保存をするという手順でしたが、
PowerPoint2000ではEMF形式が選択できないのが難点でした。
(↑自席ではWindows2000,Office2000を使用しているため)

別のマシンに移動してファイル変換をするのは手間がかかるので、
Wordデータから直接EMFファイルを抽出する方法をご紹介します。


※今回は Windows2000、Word2000、アーカイバは Lhaplus を使用

1. Windows の Wordで doc データを開く(今回のファイル名は Fig5.doc
1.png


2.【ファイル】→【Webページとして保存】
2.png

デスクトップに Fig5.htmFig5.files が作成される。
3.png


3. Fig5.files フォルダを開く
4.png


4. image001.emz を右クリック
【解凍】→【ここに解凍】を選択
5.png


5. 作成された image001 フォルダを開く
6.png


6. image001 ファイルを選択
7.png

拡張子 .emf を追加
8.png
※ 画像の点数が多い場合はリネームソフトを使用すると便利です!


7. image001.emf を Illustrator で開き EPS 形式で保存

※ Illustrator の作業に関しては Wordから画像を取り出す方法(その1)
4. EMF ファイルを作成後、Illustrator CS3で開く 以降を参照してください。


記事:イナムラ
posted by ウルス at 20:40| Comment(2) | TrackBack(1) | 画像

2011年06月21日

スリランカカレーを食す。

「スリランカカレー」といわれてピンとくる方は少ないと思います。
(私には「スリランカカレー」の定義がサッパリわかりません)

職場の近くに専門店がないので、食べる機会がほとんどありませんが、
本日は急遽デリバリーして貰えることになったので注文してみました!!

curry.png

左から
・スープカレー辛口(具:チキン&うずらの卵)
・カボチャのペースト
・春巻き
・ダール豆のペースト

スリランカカレーを食べるのは今回で2回目ですが…
付け合わせがペーストばかりで食感が単調だったのが残念でした。

ダール豆のペーストは美味しかったんですけど、
カボチャのペーストが甘すぎだった気がします。
(辛口カレー < カボチャの甘み)

不定期デリバリーがいつお願いできるのか不明ですが、
次回は付け合わせが「カボチャのペースト」でないことを祈ります。

できれば歯応えのある野菜が食べたい!!←ワガママ??(^_^;)))

上から目線で偉そうなことを書いてしまいましたが、
スリランカカレーは結構好みです。
(スパイスたっぷりな料理も混ぜて食べるゴハンも好きなので)

記事:イナムラ
posted by ウルス at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月10日

フィッシュセラピー

新潟県,JR越後線巻(まき)駅からバスで15分の福寿温泉「じょんのび館」に行った.どうしてここに行ったかというと,「フィッシュセラピー」があると知ったからだ.

「ガラ・ルファ」というコイ科の小魚が,ヒトの古くなった角質を食べてくれる.アトピー性皮膚炎・乾癬など皮膚病の治癒効果があるんだって.

実は,わたし,左足の指のまわりが,疥癬様のプチプチ・クチュクチュ,皮膚がペラペラ・ポロポロの様相を呈してしまった.それに気がついたのは2か月前.

そのころ,うちには2人の滞在者がいた.1人は香港人でカナダ在住.香港からうちに10日くらい滞在していった.もう1人は東京の大学を卒業して田舎に就職する前に,うちを根城に卒業旅行に行ったり来たり.台湾のつぎはスペインに行ってきた.

きっと,うちに外来種の疥癬菌が持ち込まれたにちがいない.香港かカナダ,台湾かスペインか.

ひそかに,夫の乾癬の軟膏をぬすみつけていたが,一進一退.で,ドクター・フィッシュに診てもらおうと思ったわけ.

指のあいだの足つぼに,白い小石をはさんで,湯につかる.わちゃわちゃ寄ってくるわ,あーぎもぢわりぃ〜

fishtherapy.jpg

つんつん,つつかれているうちに,ドクターに愛着がわいてくる...かな? ...コツは,湯の中で足を浮かすこと.下につけちゃうと足底までドクターがもぐれない.

治療代は,15分で840円なり.けっこう疥癬様の状態がよくなった感じ...かな? 泉質も皮膚病に効き目があったおかげ...かな?

ちよちよ旅行社
posted by ウルス at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月09日

文字の大きさを変えずに図版を拡大する方法

文字の大きさはそのままで図版のみを拡大という指示が多いと思いますが、

[全選択]→【拡大縮小ツール】

で拡大すると、文字も拡大されてしまいます。

文字のみ選択して【拡大縮小ツール】を使用すれば文字を縮小できますが、
この方法は、選択した文字の中心を基準にして縮小するため、
文字の位置が大幅にずれることがあります。

文字の位置はできるだけそのままに、
文字サイズを一括で修正する手順(※1)をご紹介します。

※1 今回は Illustrator Ver.10 を使用した場合の手順です!


■文字サイズを変更せずに図版を125%拡大■

▼オリジナルの図
ori-100.png


▼図版を125%に拡大
1.png

・[全選択]→【拡大縮小ツール】→ 125%


▼125%に拡大された図(※2)
ori-125.png

※2 現状では図版も文字も一律に125%に拡大されている!


▼文字のみを選択
2.png

・【選択】→【オブジェクト】→【テキストオブジェクト】を選択


▼文字の位置を変更せずに縮小
3.png

・[テキストを選択した状態]→【オブジェクト】→【変形】→【個別に変形】を選択


▼拡大された文字を元のサイズに修正(※3、※4)
4.png

※3 テキストを選択した状態で文字サイズを80%に縮小
(100%÷125%=0.8=80%)

※4 この方法で文字を縮小しても座標位置が大幅にずれる場合は、
【オブジェクト】→【グループ解除】の必要あり!


▼文字以外の修正(※5)
5.png

※5 罫線は【テキストオブジェクト】では選択されないため微調整が必要!


図版は拡大、文字は原寸
125per.png


この方法は一見手間がかかりそうですが、
図版と文字を別レイヤーにしなくても作業できますし、
位置をほぼ変えずに下付き文字も修正できます。
修正漏れも防げますので、ぜひお試しください。

記事:イナムラ
posted by ウルス at 18:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 画像

2011年04月19日

食べることが基本

3月11日の大震災以来,みなさん疲労困憊していることでしょう.
被災地の苦しみを思うと胸が痛みますし,
いまだ収束の兆しがみえない原発事故の先行を考えると
不安に襲われます.

鬱々としながら日々を過ごしているせいかしょっちゅう風邪を引いて,
そのたびに咳に悩まされていますが,
そんな体力が衰えたときには
やはり,きちんと食べることが大事ですね.
具合いの悪いときは何も食べずにとにかく睡眠をとる
というのがこれまでの私の「方針」だったのですが
この間なんだかふらふらしていつまでも調子がよくならないので,
少し無理をして台所に立ち料理を作ってみました.
そうして食べ始めたらとたんに力が沸いてくるのを感じました.

というわけで,今日は美味しいランチが食べられる「松竹堂cafe」を紹介します.
3月のブログに「湯島食堂」が載っていましたね.
それを読んで久しぶりに食べに行こうと思い立ちました.
本郷・湯島界隈のランチスポットに加えてください.


cimg0142.resized.jpg


場所はウルスからもさほど遠くない,春日通り,本富士警察署の前.
たばこの煙が苦手なので普段はほとんど外食することがないのですが,
東大病院に友人のお見舞いに行く道すがら,扉に禁煙マークを見つけて
これはいいぞと入ってみる気になりました.


cimg0143.resized.jpg


中はレトロな雰囲気で,マガジンラックには「ソトコト」やら旅・動物関係の雑誌が.
昼はステーキ丼など4種類あり,私のお気に入りは「豆腐と野菜のカレー」.
外側をさっと揚げた豆腐と,茄子,プチトマト,かぼちゃなどの野菜が入ったカレーが
雑穀米にそえてあって,カレーといってもなんともやさしい味.
いつ行っても客はほとんど女子ばかりなので,男性は入りにくいかも.

では,みなさん,よい連休を.

ちづこ
posted by ウルス at 13:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月14日

桜を愛でる。

4/11(月)にウルスの花見がありました。

昼過ぎに職場を出発して浅草方面へ移動。

花見の前に高層ビルでスカイツリーを眺めながらランチを食べました。

skytree.jpg

レストランが22階にあったので眺望は素晴らしかったのですが、
私は高所恐怖症なのであまり真下は見られず…(^^;


今回のランチはイタリアンのコースメニューです。

[Antipasto 前菜] サラダ仕立ての前菜, パン
salad.jpg

[Pasta パスタ] 新ゴボウと新タマネギのスパゲッティーニ
pasta.jpg
(↑個人的な感想ですが、パスタの塩辛さにはビックリ!!)

[Secondo piatto メイン料理] メカジキのパン粉焼きドライトマト風味
main.jpg


ランチの最中は青空が広がってお花見日和でしたが、
隅田公園に移動すると薄曇りになってしまいました。
(そのためか、撮影した桜の写真は霞がかった色合いに)

sakura1.jpg

sakura2.jpg

sakura3.jpg

隅田公園桜まつりが中止の影響なのか、
思っていたよりも人が少なかった気がします。
(実際、花見客よりもカモメのほうが目立っていました)

そのあとは浅草寺に移動してお参りをしたのですが、
土砂降りに遭遇してしまい慌てて会社に戻りました。

数年前も花見の終盤に土砂降りになったことがあるので、
花見には折りたたみ傘が必須なのかもしれません。

記事:イナムラ

posted by ウルス at 16:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月31日

湯島食堂

ウルスでは外食する人は少ないようです.
仕事が忙しくてゆっくり食事をとる隙がない,
というのが主な理由でしょうか.
そんな中,私はよく外食をするほうです.
さて,
ブログでは定番のテーマですが,
本郷・湯島界隈でのランチを紹介します.

今回紹介するのは「湯島食堂」.
場所は湯島天神のすぐ脇にあります.

yushima.jpg

ここは,マンションの1室で1階の入り口を入ると,まず
「靴を脱いで2階にお上がりください」とあります.
スリッパをはいて2階に上がるとそこは
誰かの家に遊びに行ったようなくつろぎ空間です.
天窓から陽の光が差し込み,中庭の緑も見え,
ストーブでぽかぽかしています.

メニューは…実は見ていないのですが,
入り口の立て看板におすすめメニューの
・野菜たっぷり ミラクル定食
・ヤマトゴココ丼
1000円
の文字があったので,迷わず「ミラクル定食」を頼みました.

トマトのサラダ,かぼちゃのマッシュ,高野豆腐,
かぶと白菜と大根の漬物,
玄米(or 白米)ごはん,たっぷりのおみおつけ

といったところでしょうか?
確かなことはわかりませんが,
マクロビオティックのごはんやさんらしいです.
野菜はたっぷりなのに,胃にやさしい,そんなごはんでした.
また,
おみおつけが大きなお椀で出てくるのも嬉しいですね.

次は,「ヤマトゴココ丼」にチャレンジしたいと思っています.

追記:
ここをはじめて見つけたとき,
「被災地に炊き出しに行ってきます」というような立て看板があって
一気に気になる存在になってしまいました.

yukiko
posted by ウルス at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月31日

1月が行く

「1月は行く」といいますが、あっという間に月末です。

今月はのっけからみんな忙しく、社内はバタバタとしていました。
例年ウルスでは、新年会と称して「話題の映画観賞会」に出かけますが、
今年はそれどころではなさそう、かな?

さて、新しい年を迎え、ウルスにも新しい風が。
なんと2人も仲間が増えました。
日替わりでお手伝いに来てくれる女性と学生さん(男子)。
寒いなかでのゲラ届けのお遣いや、校正などをこなしてくれる、
頼もしくありがたい存在です。

あら、ついでに平均年齢若返りにも貢献中。

どうぞよろしくお願いします。


*****
さて、個人的な旅行の話を少し。
お正月に世界遺産の街、ルアンパバーン(ラオス)に行ってきました。

メコンの夕日です。

DSC00054.JPG


ルアンパバーンは、このメコンと、メコンの支流カーンの中洲にある街で、
人々はこの河から生活の糧を得ています。
また今は中国からベトナムまで延びる道路ができたものの、
依然として河が重要な移動経路として使われています。


河は、中国に遡ると「瀾滄江」と名を変えます。

数年前にその源流がある雲南省にも行き、
河岸開発が進められている様子を見ました。
今はまだ滔々と流れているように見えるメコンですが、
深刻な水不足と電力需要に悩む中国は、
上流にあわせて8基のダムを建設する予定で、
今後ダムの貯水が始まれば、
下流の水運や生態系へどのくらい影響がでるのでしょう。


修行僧はよく見るとみんなまだ少年です。

laomonks.jpg


10代の4〜5年をお寺で過ごすこともあるそうですが、
修行が学校の代わりになることもあるのでしょう。
休憩時間なのか、積極的に英会話で話しかけてきました。
「楽しいことは一切禁止なんだ」とか。
修行を終えると、毛を生やして観光ガイドや
「ビジネスマン」になったりする人も多いようです。


笑顔が印象的な少女。

DSC00412.JPG


ラオスは最近やっと5年計画により最貧国ワースト20を脱出したそうですが、
幸せは持っている貨幣の量だけでは計れないということを
あらためて感じるような笑顔です。

それでも、観光客が両替するときに銀行に支払うわずかな手数料ぶんだけで、
子どもが1日ご飯を食べられるというのも現実です。


さて、今年もみなさんが元気で幸せに過ごせますように!

posted by ウルス at 18:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記