2013年06月18日

shiba

ひょんなことからうちにやって来た柴犬
♀で琴子と言います。

koto2.jpg


来た時は生後1か月半で1500gだったのが,
1か月半経った今では3500gを超えました。

koto3.jpg koto1.jpg
うちに来た当時


koto4.jpg koto5.jpg
現在の姿。ベッドは1回り大きなものに変えてます。

人間の年齢に換算すると
2才(1か月半)から7才(3か月)になり,
顔つきや仕草も段々と変わってきました。

寝て,食べて,遊んで,寝るの繰り返しですが
遊びの中で時折見せる犬の本能や
日々仕草が変わっていく様子を楽しんでいます。
また,表情や声で何を考えているかも少しづつわかるようになり
毎日飽きさせません。

koto6.jpg
外でくつろぐ

koto7.jpg
散々遊んだあとの放心状態(寝る直前)

koto9.jpg
エサの支度に気づいた時の顔(真顔)

最近は外に出られるようになり,社会化のために積極的に連れ出しています。

koto12.jpg
@函館山


散歩では好奇心から臭いをかいでばかりで
少し歩くだけでも結構な時間がかかりますが
飼い主のダイエットも兼ねて(1か月で5kg痩せました)
少しづつ距離を伸ばしていこうと思っています。

koto10.jpg koto11.jpg


青野@函館
posted by ウルス at 17:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月28日

除雪奮闘記

花火で有名な秋田県・大曲に私の実家はあります。
実家は数年前に新築し,毎夏,花火見物の客人が泊まりにきます。
旧宅は父が建てたので,生きているあいだは壊せません。
納屋代わりに使っています。
父は85才ですから,雪かきもようようできなくなりました。
屋根の雪降ろしは人様に有料(一人1〜2万円)でお願いしています。
正月あと,納屋の屋根の雪降ろしをたのんだ結果,入口を雪で塞いだまま,帰ってしまったそうです。
そこで,孝行娘,行ってきました! 雪かきに!
1sintaku&kyutaku.jpg
新宅は家のまわりに消雪用の水が出ているのですが...
2kyutaku.jpg
旧宅は雪に埋もれています。
3start.jpg
雪かきを始めました。
4ontheway.jpg
雪かきというより,トンネル掘りです。
5yane.jpg
やっと納屋の入り口の壁が見えたところで,力つき,1日目おわり。
6secondday.jpg
翌朝,また穴掘りを始めました。
7door.jpg
入口につきあたりました。
8doorhalf.jpg
ドア半分。
これは納屋をおおっている外側の雪囲いのドア。
9doorall.jpg
おおよそのドア。
10totheend.jpg
ドア全景。
11open.jpg
やっと,ドアを開くことができました。
12passway.jpg
あとは,ドア前の除雪です。
年よりのために,階段を深くしないように,3段にして,エッジに木をはめてっと。
雪の乱反射でどこが階段だかわからなくなるので。
13finish.jpg
これで,だいたい完成。

夏の花火もいいですが,雪かき,したことない人,冬の大曲を訪ねてきませんか?
ちよちよ旅行社「冬の雪かき体験ツアー」企画中
posted by ウルス at 19:10| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

2012年09月24日

pptxから画像を取り出す方法

2012年01月13日に docxから画像を取り出す方法
という記事を書きましたが、その続編です。


pptファイル(PowerPoint 97〜2003まで保存形式)の場合、
できるだけパスや文字情報を残して画像を抽出するために
別名保存】→【拡張Windowsメタファイル (*.emf)
という手順のあと、IllustratorでEPS変換していました。

※詳細は Wordから画像を取り出す方法(その1) を参照。


pptxファイル(PowerPoint 2007以降の保存形式)の場合、
docxファイル(Word 2007以降の保存形式)と同様の手順で
簡単に画像が取り出せます。


※※※※※※※※※※※※
今回はLinux(Fedora)環境で書庫マネージャを使用しています。
他のOSの場合は拡張子を「.zip」等に変更してエクスプローラ表示。
エクスプローラ表示ができない場合はリネームしたファイルを展開すればOK。
※※※※※※※※※※※※


1.fig.pptx を選択してダブルクリック(fig.pptx を書庫マネージャで開く)
1.png


2.ppt フォルダを選択してダブルクリック
2.png


3. media フォルダを選択してダブルクリック
3.png


4. media フォルダ内で使用されている図版の拡張子を確認
4.png

【拡張子が png/jpeg/tif/bmp の場合】
→ ビットマップ画像(ラスターイメージ)なので Photoshop で加工

【拡張子が wmf/emf の場合】
→ パスやテキストが抽出できる場合が多いため Illustrator で加工


※ Illustrator の作業に関しては Wordから画像を取り出す方法(その1)
4. EMF ファイルを作成後、Illustrator CS3で開く 以降を参照してください。


記事:イナムラ
posted by ウルス at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 画像

2012年03月05日

東京マラソン2012

こんにちわ,ランナーズ・ハイの社員Sです。
ハイにつき多少長い自分語りをお許しください。

先日,「東京マラソン2012」で初のフルマラソンを走ってきました!
はや15kmで故障していた膝の痛みが爆発,「棄権」の2文字が頭をチラホラよぎったものの,
ここで歩いてしまったら最後とふんばり,4:40hで完走しました。

no-title

実は,10万円以上の寄付をして参加するチャリティー枠での出走。
おととしの暮れ,健康のためにと走り始めてまもなく震災が起こり,
以降,誰かの真似をして,自分で走った1kmにつき10円の募金貯金をすることにしました。
酷暑極寒の日も,旅先でも海外でも,ひたすら脚を動かし続けたので,
そのうちもうちょっとこれに意味付けしたくなってきました。
そして,フルマラソンに参加してみようと思い立ちました。

このチャリティー枠ですが,抽選ではとうてい当たらない枠をお金で
「買って」まで走りたいのか? という批判があるようです,へーえ。
自分のエゴを満たすため? そりゃそうかもしれません。
私の場合,走りたさより,走らなくなる言い訳をつくりたくなかったのです。

今年は,参加者の募金の半分は被災者に行くことになっています。
残り半分はいくつかの寄付先のなかから自分で選択して,難民キャンプの太陽光発電設置を支援することにしました。

そんだけのお金があればさっさとその足でボランティアに行けばよろしい?
確かに,実情を目の当たりにするというのは大切でしょう(特に若いうちは)。
でも,人それぞれいろんな事情で現場に足を運べなくとも,ときに
技術や知識に長けている第三者へ資金を託すほうが,結果的には
効率的な活動に寄与することになるという考え方にも,私は賛同します。

でもそんなお金出せない?
ならば,足りないぶんは集めようではないか。
今回さほど積極的には宣伝しなかったのですが,「私走りますから」とそれとなく触れ回っていたら,
へえそういうのあるんだ,がんばって,と援助してくださった方は意外と多かったのです,多謝。
海外のマラソンの中には,チャリティーの主旨で参加するのがごく普通になっているものもあり,
職場や自分のブログなどで募金を募ったりもするそうです。
ひとりが寄付するよりも額も大きくなりますし,多くのひとに支援先の現状に関心をもってもらう機会にもなりますね。

もちろん,「私が走れば世の中が変わる!」…そんなわきゃないです。
自分でできるボランティアがひとつ増えたに過ぎません。

つまり,やりたい人ができることをやる,これでとくに損をする人いません。

********
自由に走れ!kakubinジーザス!走る先に雪解けはあるか社員S 41km地点魚殿パンダ

ところで,前方の熾烈なオリンピック代表権争いはどこへやら,ずっと後方にはおもしろいものがたくさん。
走る人の背中に「がんばろう!日本」とあるのを何度も見かけましたし,
親子,夫婦,同僚,障がいのある人,十字架を背負ったキリストだけでなく,
ドラえもんやカネゴンも,みんな何かを心に抱えてひたすら同じ方向に走っていく光景は圧巻!
そして「キ,キミたちは,いつもあのブッチョーヅラで電車に乗ってる人々か」と戸惑うほど(失礼),暖かい沿道の応援。

去年1年は,走ることで文字どおり世の空気を感じることができました。
…身体的若さという意味ではピークを越えてから始めたランニングですが,
自分にとって精神的にはちょうどよいタイミングだったのだと思います。


人間脚を動かし続ければ,とことん遠くまで行けそうに思えてきました。
みなさんにも,ぜひ歩いてみることからでもおすすめします。
posted by ウルス at 18:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月13日

docxから画像を取り出す方法

2010年10月22日に Wordから画像を取り出す方法(その1)
2011年06月23日に Wordから画像を取り出す方法(その2)
という記事を書きました。

今回は docx(Word 2007以降の保存形式)から
簡単に画像を取り出す方法をご紹介します。

※※※※※※※※※※※※
今回はLinux(Fedora)環境で書庫マネージャを使用しています。
他のOSの場合は拡張子を「.zip」等に変更してエクスプローラ表示。
エクスプローラ表示ができない場合はリネームしたファイルを展開すればOK。
※※※※※※※※※※※※


1. sample.docx を選択して書庫マネージャで開く
1.png


2. word フォルダを選択してダブルクリック
2.png


3. media フォルダを選択してダブルクリック
3.png


4. media フォルダ内で使用されている図版の拡張子を確認
4.png

【拡張子が png/jpeg/tif/bmp の場合】
→ ビットマップ画像(ラスターイメージ)なので Photoshop で加工

【拡張子が wmf/emf の場合】
→ パスやテキストが抽出できる場合が多いため Illustrator で加工

※ Illustrator の作業に関しては Wordから画像を取り出す方法(その1)
4. EMF ファイルを作成後、Illustrator CS3で開く 以降を参照してください。


記事:イナムラ

posted by ウルス at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 画像

2011年12月19日

天然記念物に遭遇

年末になると一年を振り返り,今年の『ビッグニュース』を考えます.

気がつけばもうそろそろそんな時期でした…!


色々と思い返してみると,今年最大のラッキーニュースは,天然記念物に遭遇したことです.


今夏,友人に会いに沖縄の西表島まで行きましたところ,なんと2回目の訪問にして「イリオモテヤマネコ」に遭遇!

夜のドライブ中,路肩の草むらに偶然「不自然に光る点々」を目撃.急いで停車してみると,イリオモテヤマネコの子どもが逃げずに車道をうろうろしていました.
(光っていたのはライトが反射したネコの目でした)

3年間住んでいて一度も見たことがないという友人に見せようと,映像にまで収めました.

街灯もない真っ暗闇で懐中電灯の光だけでしたが,なんとかわかると思いますが,どうでしょう?

neko1.png


もう少しズームしてみます.
neko2.png
(眉間の白い縁取りと丸い耳がわかりますか?)


生息数が100頭程といわれている絶滅危惧種ですが,残念ながら毎年のように交通死亡事故があるそうです.

子ネコは警戒心が薄く,人間や自動車が危険であると知らずによく路上に現れるので,事故の犠牲になることもあるそうです.

この子ネコも車道の真ん中を歩いたりしたら,と思うとすごく心配です.

今回,その場に居合わせた地元の方が目撃通報をしていたので,その後「やまねこパトロール」の方々が見回りをしていました.パトロール中にネコに遭遇したら,大きな音を立てたり驚かせたりしてネコに危険を知らせ,もう路上に出てこないようにしているのだとか.


西表野生生物保護センターでは,車道横断のために動物用のトンネルを作ったり,標識や注意看板を立てたり,様々な保護対策を行っています.「やまねこパトロール」もその一環で行っているようです.

大きな島の生態系の頂点に立つのが,この小さなネコです.

西表島に行く機会がありましたら,運転中是非お気をつけください.



せーな
posted by ウルス at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月30日

スライム肉まんって何!?

ネットで話題になっている「スライム肉まん」を購入してきました。

ゲームを全くやらないので元ネタがよく分かりませんが…
スライムは見た目が可愛いのでその辺は気にしません♪

slime1.jpg

生地が毒々しい色なので絶対に合成着色料を使用していると思いきや、
青はクチナシ、赤はベニコウジ色素、黒は炭で着色しているそうです。

(クチナシで青色に染まるというのは予想外ですーーー!!!)

天然色と言われても…
やっぱり生地が青いと美味しそうに見えなくて残念。

でも顔の可愛さでカバーしているからヨシとします!!

slime2.jpg


ちなみに、中身は普通の肉まんです。
(青色の生地も普通の味)

slime3.jpg

値段が170円なのでリピートしようとは思いませんが、
話題作りには最適ですよ!!!

実際、職場でプチ撮影会をして楽しかったです♪(*^^*)

記事:イナムラ
posted by ウルス at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月14日

アイデア勝負

最近は文房具もネット経由で入手することが多くなりましたが
時折,文房具店を訪れてみると
ひらめきや個性あふれる道具に出会えて
使わないものまでついつい買ってしまうことがあります.

今回は,その中でも使える文房具をいくつか紹介したいと思います.

「ハンコ型ペーパークリップ(数字)」

複数の原稿の処理を重ねるうちに
順番がわからなくなったりすることがありますが
処理する順にこれで挟んでおくと混乱を防げます.
また,目立つというのも重要です.

10枚くらいしか挟めないのが難点ですが,
別のクリップで挟んでおいて,目印代わりに付けたりしています.
12枚あるので,月ごとの書類を整理するのにも使えます.

dscf0553.jpg


「MDノート(メモ帳)」

「書く」ことにこだわったメモ帳です.
糸かがりとじなので開いたまま机に置けます.
紙質が良いので書きやすく,丈夫です.

SCF0546.JPG


「キリヌーク(一枚切りカッター)」

新聞の切り抜きなどに便利です.
加える力や紙質に合わせて刃をコントロールできるので
一度自分のポジションを決めておけば
下の紙を傷つけずに簡単に切り抜くことができます.

dscf0556.jpg


「渋墨(万年筆用インク)」

最後にご当地モノとして,函館奉行所の渋墨塗装を再現したインクです.
セーラーのご当地インクとして,地元の文房具店で入手可能なものです.
その他,がごめ昆布色や地元高校のスクールカラーのインクが販売されてました.
地方によってさまざまな商品が出ているようです.

dscf0557.jpg


時を置いて文房具店を訪れるたびに新鮮な発見がありますが
いつの時代も変わらない完成された商品も数多く並べてあるところに
この業界の歴史と流れの早さを感じます.

青野@函館
posted by ウルス at 21:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月20日

読んだもの

さいきん読んだ本の紹介をします。

●高岡昌生『欧文組版 組版の基礎とマナー』(美術出版社)

http://book.bijutsu.co.jp/books/2010/02/post_375.html

ふだんの作業では、TeXが自動的に処理をおこない、さらにあらかじめスタイルで制御されているものを、できあがった原稿としてみています。

しかし、仕事以外のところで欧文を見るとき、自動的に処理がなされていたところは意外と意識されないので、実は多くの見落としや知らない点があったことに、この本を読んで気づきました(例えばリガチャーや数字の使い分けなど)。

そして「組版の基礎」だけでなく、なぜ「マナー」ということばがそえられているのか。単なるノウハウだけではない大切なことがらが「あとがき」に書かれていました。


●大熊肇『文字の組み方』誠文堂新光社

http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=2606

図版を豊富に、そして大胆なくらい大きく用いて組版を解説しています。ダメな例と正しい例を同時にならべてあるので、どの部分が悪いのかが、一目でわかります。組版は、知識だけ頭に入れていても、どうしても実際に目にしないと理解しづらい場合が多いので、とくに、ふだん作業することのない見出しまわりの詰めなどは、参考になりました。

社内で閲覧したい方はお知らせ下さい。


ふなき
posted by ウルス at 12:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月15日

キーボード IBM 5576-A01 のお掃除

こんにちは、山本です。

人間とコンピュータとの会話で大事なインタフェースは何でしょうか?

それは、キーボード=鍵盤です!

人間とコンピュータを仲介する周辺機器としては、マウス、ゲームパッド、マイク、電子ピアノ、シンセサイザなど多種多様にあるけれども、文字情報を正確にコンピュータに伝えられるのは、キーボードでしょう。

もしあなたが万年筆をお持ちで、常用しているのであれば、それはもう、わが子のように丹念に手入れをするでしょう。

キーボードも同様です。日頃、仕事で利用しているキーボードをお手入れすると、気分一新ですね。

社内でもっとも利用しているキーボードは、IBM 5576-A01 です。そう、知る人ぞ知る、あの伝説ともいうべき、地球上の最高傑作キーボードです。いや、IBM 5576-A01 を "キーボード" とお呼びするのは、失礼きわまりなく、「鍵盤」という名がふさわしいでしょう。



夏の残暑が色濃い日々が続きますので、気分転換に IBM 5576-A01 のお掃除をしてみました。

IBM 5576-A01 のキートップは、簡単にはずせます。中性洗剤をいれたぬるま湯に刻印があるプラスチックのみをしばらくひたしておくと、手あかなどのよごれがよく落ちます。

ちょうどキートップを戻し始めたところです。今回は、2 つ分のお掃除だったので、キートップの戻し作業は、いつもの倍です。
5576a01-03.JPG

キートップの戻し途中です。実は、D の場所を間違えてしまいました(笑
5576a01-10.JPG

5576a01-04.JPG

なんかこの角度がたまらないですね!そう、思いませんか?
車好きな人の気持ちが少し分かった気がします。
5576a01-06.JPG

そして、ついに完成!最後のキートップを戻すまで、ドキドキです。キートップが一つでも無くなってしまうと、涙目です。
5576a01-09.JPG


せっかくなので、ピカピカによみがえった IBM 5576-A01 をすてきな角度からお届けします。

まずは、この 1 枚!
ずしんと構えている Enter キーのこの雄大さ、イイですよね?
そして、キートップがずーっと向こうまで並んでいる、この優雅な直線、ずっと眺めていたいですね?
5576a01-07.JPG

次は、この 1 枚!
この座屈ばね機構の絶妙な曲線と上部がわの重厚なプラスチックのラインを見ているだけで、惚れそうになります?
5576a01-08.JPG




………、
…(沈黙)…、
………………………、

ということで、みなさまもたまにはキーボードのお掃除をしてみてはどうでしょうか?キーボードに愛着をもつと、普段の仕事も変わってくるかもしれませんよ!

最後に、私よりも熱く、詳しく語っておられる「IBM 5576-A01 - 鍵盤寸評 - 鍵人」さまのページ:
http://www.geocities.jp/kenjin_keyboard/5576A01.htm
をご紹介して、筆をおくことにいたします。
posted by ウルス at 14:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記