2011年05月09日

文字の大きさを変えずに図版を拡大する方法

文字の大きさはそのままで図版のみを拡大という指示が多いと思いますが、

[全選択]→【拡大縮小ツール】

で拡大すると、文字も拡大されてしまいます。

文字のみ選択して【拡大縮小ツール】を使用すれば文字を縮小できますが、
この方法は、選択した文字の中心を基準にして縮小するため、
文字の位置が大幅にずれることがあります。

文字の位置はできるだけそのままに、
文字サイズを一括で修正する手順(※1)をご紹介します。

※1 今回は Illustrator Ver.10 を使用した場合の手順です!


■文字サイズを変更せずに図版を125%拡大■

▼オリジナルの図
ori-100.png


▼図版を125%に拡大
1.png

・[全選択]→【拡大縮小ツール】→ 125%


▼125%に拡大された図(※2)
ori-125.png

※2 現状では図版も文字も一律に125%に拡大されている!


▼文字のみを選択
2.png

・【選択】→【オブジェクト】→【テキストオブジェクト】を選択


▼文字の位置を変更せずに縮小
3.png

・[テキストを選択した状態]→【オブジェクト】→【変形】→【個別に変形】を選択


▼拡大された文字を元のサイズに修正(※3、※4)
4.png

※3 テキストを選択した状態で文字サイズを80%に縮小
(100%÷125%=0.8=80%)

※4 この方法で文字を縮小しても座標位置が大幅にずれる場合は、
【オブジェクト】→【グループ解除】の必要あり!


▼文字以外の修正(※5)
5.png

※5 罫線は【テキストオブジェクト】では選択されないため微調整が必要!


図版は拡大、文字は原寸
125per.png


この方法は一見手間がかかりそうですが、
図版と文字を別レイヤーにしなくても作業できますし、
位置をほぼ変えずに下付き文字も修正できます。
修正漏れも防げますので、ぜひお試しください。

記事:イナムラ
posted by ウルス at 18:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 画像
この記事へのコメント
便利です! 罫線の微調整だけすればいいので、これまでの手間が省けました。
Posted by ちづこ at 2011年05月17日 17:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45019951

この記事へのトラックバック